文章の書き方で試行錯誤した記録 一覧

NO IMAGE

文字数を増やそうとすると内容がまとまらなくなる

文章を書こうとしていて内容にまとまりがないように感じたことがあります。 その原因が何なのか、考えてみるとテーマが散漫としていたからだとしか思えません。 何を書けばいいのか自分でも分からなかったから内容も当然まとまらなかったのです。 更に原因を...

記事を読む

NO IMAGE

書いた文章に納得がいかない理由を考えてみる

ブログ用の記事を書いていても納得がいかずに破棄することがあります。 特にここ数日は納得いかないものが多いです。 今までも度々同様の事態に見舞われてきました。 同じことを繰り返すのでは無駄ばかりですし、そろそろ理由を考えてみましょうか。 気分...

記事を読む

NO IMAGE

想いの強さが文章の魅力と独自性に繋がる

文章を書くとき、何のために書いていますか。 書かなくてはならない理由があって書くかもしれませんし、どうしても書きたいことがあって書くかもしれません。 最近書くべき理由のある文章を書いてみたのですが、手前味噌ですけど魅力的なものが書けたと思います。 ...

記事を読む

NO IMAGE

興味がある分野なら書きやすい

最近書きやすく感じている理由 ちょっと前は何を書いていいのか悩んでいましたが、最近は結構順調に書けるようになりました。 何が違ったのか、その答えは「興味がある分野」か否かというところにあったといえます。 最近では創作活動に関することに興味が向いて...

記事を読む

NO IMAGE

700~800字くらい書く方法を文章全体の構造から考えてみる

始めに 個人的にネット上で公開される記事を書く場合、最低500字は必要だと考えていました。 しかし500字ではインデックスされない可能性もあり、将来的な仕様の変更リスクも考慮するなら700~800字くらいの文字数にしたいところです。 従来の基準か...

記事を読む

NO IMAGE

キーワードの出現頻度を考慮したら書きにくかった

ネットで公開する文章は検索エンジンから評価されアクセス数に大きな影響を受けます。 より多くの人に読まれたい文章なら検索エンジンを考慮しないといけません。 先日、キーワードの出現率が高い文章を公開したところ、検索エンジンから過剰なキーワードの詰め込み...

記事を読む

NO IMAGE

気軽に書くことが楽しい

質を問わず、最低限の文字数があり、公序良俗に反せず、グーグル先生に怒られない内容を気軽に書くことが楽しいです。 価値のある情報を提供するとか、適切なキーワードを含めるとか、そういったことは一切関係なく書くことが楽しいです。 書き上げた文章を見返して...

記事を読む

NO IMAGE

どうせ書くなら毎日書き続けたほうがいい

文章を書くなら毎日書いたほうがいいです。 書き続けることのメリット 書くための敷居が低くなる 毎日書くということは習慣であり、書こうとする第一歩を踏み出しやすいということです。 試しに数日書かない日を設けてみれば、何かを書こうとするのが面倒に思える...

記事を読む

NO IMAGE

検索エンジンを考慮すると自由に文章が書けない理由

自由に文章を書ければ楽しいのですが、検索エンジンからの流入を意識すると、どうしても検索エンジンからの評価が第一の文章にせざるを得ません。 もう少し具体的に理由について書きましょう。 文字数 あまりにも少ない文字数では低品質なコンテンツと認識され、検索...

記事を読む

NO IMAGE

書く力がないことを自覚することから始まる

ノンフィクションのようなものを書こうとし、実際に書き始めてみたものの何かが違うような気がして中断しました。 何が違うのかというよりも、どうやって書けばいいのか分からなかったと表現したほうが正しいかもしれません。 ノンフィクションならどう書くべきなの...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3