備忘録と忘備録

備忘録と忘備録は名前が似ているので、どちらが正しかったのか忘れてしまうことがあります。

そこで忘れないよう、そして何が違うのか、調べてみたので備忘録として記事にしてみました。

備忘録と忘備録の違い

備忘録も忘備録も基本的に同じものを意味しています。

しかし本来は備忘録が正しかったのですが、忘備録も意味としては間違っていないため使われるようになりました。

さすがウィキペディア!

ためになることが書かれていますね!

ということでウィキペディアに書かれていたことが情報源です。

実際にどれくらい使われているのか

「備忘録」と「忘備録」検索してみました。

「備忘録」は約13,200,000件と圧倒的です。

「忘備録」は約536,000件と少なかったです。

やはり皆様、適切に使われているのですね。

忘備録が変換できない

「ぼうびろく」で変換しても忘備録になってくれません。

一方、「びぼうろく」ならば一発で備忘録に変換できます。

ちなみにWindows7に標準搭載されている日本語IMEでの結果です。

日本語IMEによっては結果が異なるかもしれません。

しかし主流ではない使い方に変換できないということはメリットでもあります。

一発で変換できなければ間違いに気付けるかもしれません。

厳密には間違いではないのですけど、積極的に間違える必要もないでしょう。

いえ、間違いではないのですけどね。

実際に備忘録として使われているのか

備忘録は要点を簡単に書きとめる程度のものです。

しかし備忘録という名称で公開されているブログを見ていると、もっと自由に書かれているものが多かったです。

そういったブログは自分だけが分かればいいというものではなく、読者を意識して書かれていました。

他人に優しい備忘録とでもいいましょうか。

備忘録を名乗っていても実際にはもっと自由に使われているようです。

ならば私も自由に使うとしましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)