ZenPad 7.0 Z370CとMeMO Pad 7 ME176C2を比較してみる

ASUSから発売されているZenPad 7.0 Z370CとMeMO Pad 7 ME176C2を比較してみました。

かつてコストパフォーマンスが高かったME176C2と、現在コストパフォーマンスに優れるZ370Cでは性能の違いがどれほどなのでしょうか。

スペック比較表

項目 Z370C ME176C2
Androidのバージョン 5.0.2 4.4.2
CPU Atom x3-C3200 Atom Z3745 1.33GHz
メモリ 2GB 2GB
内蔵ストレージ 16GB 16GB
microSDカード 対応 対応
バッテリー容量 3450mAh 3910mAh
液晶サイズ 7インチ 7インチ
画面解像度 1280×800 1280×800
背面カメラ画素数 500万画素 500万画素
前面カメラ画素数 30万画素 200万画素
執筆時の最安値 \17,671 \18,488

どちらがお買い得か

Z370CとME176C2の性能は似ています。

ME176C2のほうが発売日が古いためAndroidのバージョンも古いのですが、アップデートでLollipop(Android 5.0)に対応できます。

前面カメラの性能で少々差がありますが使わなければ問題ありません。

そういった細かい部分で差はありますが気にするほどでもないでしょう。

お買い得かの判断は純粋に価格で判断していいと思います。

ちなみに執筆時点(2015年10月14日)ではZ370Cのほうが安かったです。

これでは古いME176C2を積極的に選ぶ理由がありませんね。

もし処分品か何かで安く売られているなら購入してもいいでしょう。

価格は日々変動しているので上手いタイミングで購入できるといいですね。

Z370Cは値下がり傾向にあるため、今後ますます売れるでしょう。

現時点でASUS ZenPad 7.0 Z370Cのコストパフォーマンスは高くてお買い得です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)