電子レンジを利用してプリンを作った結果

手作りプリンへの挑戦第二弾!

今回は手抜きをするため蒸さずに電子レンジを利用してみました。

おまけに茶漉しも使わないという手抜きっぷりです。

さて、その結果や得た教訓とは――。

電子レンジでも問題ない

仕上がり

わざわざ蒸さずとも電子レンジで遜色ない仕上がりになりました。

手間を考えるとこの方法なら圧倒的に楽ですね。

加熱の仕方

電子レンジを解凍に使う弱モードで利用しました。

多少時間はかかりますが加熱のムラが抑えられます。

量と出力の強さによって時間が変わるため実際に試してみて感覚を掴む必要があります。

茶漉しを使わなかった結果

茶漉しを利用することで滑らかな食感に仕上がります。

しかし得られるメリット以上に手間がかかると個人的には感じました。

そこで手抜きのために茶漉しも使わないようにしてみたのですが、予想通りの結果に仕上がりました。

それは白身の部分がよく混ざっていないため食感のムラが著しいことです。

明らかに白身だろうという部分を食べると微妙な気持ちになってしまいます。

やはり適当に混ぜたくらいでは不十分でした。

もっとよく混ぜるか何か対策しないといけませんね。

ちょっと残念な結果になってしまいました。

美味しい市販品を買ったほうがいい

プリンは自分でも手軽に作ることができますが、美味しく作ることは手間がかかったり難しかったりします。

2回ほど挑戦してみてたどり着いた結論は、美味しい市販品を買ったほうがいいというものでした。

苦労することもなく美味しいものが食べられるというのはいいですよね。

自作プリンはどうしても食べたくなった場合の緊急手段にしましょうか。