古いHDDを処分すべきか考えてみた

何かに使うかと思って取っておいた古いHDDを処分しようかと検討しました。

感情的には処分に抵抗があるので、論理的に考えて自分を納得させたいと思います。

処分を検討しているHDDのスペック

簡単にHDDのスペックを書いておきます。

  • 容量160GB
  • IDE接続
  • 3.5インチ

もしかしたら10年くらい前の製品かもしれません。

接続規格の問題

マザーボード

今回処分を検討している古いHDDはIDE接続です。

現在ではSATAが主流になっており、IDEに対応しているマザーボードは極めて少数です。

価格.comで調べたら2015年7月5日の時点で4製品しか購入できない状況でした。

IDE接続に対応しているマザーボードを選ぼうとすれば選択の余地がなくなるので、これではメリットよりもデメリットのほうが大きいでしょう。

外付け化

HDDを外付け化する製品を利用すればIDE接続でも問題ありませんし、そういった製品は多数販売されています。

外付け化してUSB接続になれば多くのPCで利用できますし、将来的にもしばらくUSBが使えるでしょうし、悪くない再利用方法だと思えます。

容量の問題

古いHDDは容量も少ないので使い勝手はよくありません。

特に今回処分を検討しているHDDは160GBしかないので、外付け化しても容量が足りないので邪魔な存在になりそうです。

容量が多くても少なくても物理的な大きさはあまり違わないので、もったいないからと外付け化していくと部屋がHDDで占拠されてしまいそうです。

容量の少ないHDDを複数使うくらいなら大容量のものを1つ使ったほうが利便性は高いでしょう。

ゴミの分類

自治体によってゴミの分類は様々なのでなんとも言い難いものがあります。

私の住んでいる自治体ではHDDも小型家電と同様に回収してくれそうです。

結論

規格の問題は外付けHDD化すれば解決できますが、そもそも容量が少ないので使い勝手が悪いです。

また何かに使うかもと考えてしまっては部屋が片付きませんし、不用品をできるだけ処分することが目的なので、今回は処分するという結論にします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)