Java12.3をインストールさせようとする広告

昨日はエイプリルフールということで工夫を凝らしたネタを仕込んでいたサイトも多かったです。

そのような中で見かけたものが次のような広告でした。

java12.3の広告をキャプチャした画像

これはキャプチャした画像なのでクリックしても反応しません。

さて、これに書いてある文章を見て不思議に思う人もいるでしょう。

このコンテンツを表示するにはJava12.3が必要です。今すぐアップデートしますか?

Javaは2015年4月2日現在、最新バージョンがVersion 8 Update 40です。

それなのにJava12.3が必要というのはエイプリルフールのネタなのではないかと思ってしまいました。

それにしては面白みがありませんし、何なのか分からなかったので調べてみたところ、どうやら勝手に広告が表示されてしまう悪意のあるソフトウェアをインストールさせるための手口でした。

ソフトウェアのアップデートが必要だとかセキュリティに問題があるとか、類似する怪しげな広告もありましたが、それらと同類のものですね。

エイプリルフールだからといってホイホイクリックしなくて良かったです。

数日前にJava7のアップデートが打ち切られるというニュースを知っていたことも幸いしました。

バージョンの差がありすぎるので、そういったことを知っていればJava12.3に不信感を抱きやすいです。

いずれにせよこの手の広告は問題のあるものが多いので警戒したほうがいいでしょう。

もっとセンスのある広告だったら引っかかっていたかもしれません。

来年のエイプリルフールも気が抜けませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)