過剰なキーワードを修正したらインデックスされました

Seesaaブログでの話になります。

本来ならインデックスされるまで短時間で済むはずのSeesaaブログで6日経ってもインデックスされず、他の記事は問題がなかったので特定の記事だけ問題があったのだと思われました。

記事の内容を読み返すと特定のキーワードの出現率が高かったかもしれないと感じ、もしかしたら過剰なキーワードの詰め込みと判断されインデックスされなかったのかもしれません。

修正方法

キーワードを減らす

過剰なキーワードだと判断されるなら単純にキーワードを減らせばいいのです。

キーワードを他の言葉に置き換えるとか代名詞を使うとか、対策も簡単なのですが、その分文章の意味が分かりにくくなるという欠点もあります。

本末転倒にならない程度の修正に留めておいたほうがいいでしょう。

文章を増やす

キーワードの出現率が高いなら文章全体の量を増やすことで対策できます。

この方法なら無理にキーワードを置き換える必要もないので意味の伝わりにくい文章になることも防げます。

しかし無理に文章を増やせば密度の低い文章になりかねません。

実際に試した修正

前述の2通りの対策をしました。

そもそも文章自体不要と判断した部分は丸ごと削除し、無理にキーワードを使わなくても問題なさそうな場面では別の表現に置き換えました。

そして全体の文章量を増やすべく追記でどうでもいいようなことを書きました。

追記の部分は本文の内容とはほとんど関係ないので文章全体の質は低くなってしまったと思いますが、大切なのは本文の内容なので、追記は読み飛ばしてもらえればいいという勝手な判断です。

インデックスされないほうが大問題なので仕方ありません。

修正した結果

キーワードの出現率を修正した結果、翌日には無事インデックスされていることを確認しました。

修正から24時間経っていません。

この早さもSeesaaブログならではなのでしょうか。

そして無事インデックスされたということは修正前の記事に問題があったということです。

やはり原因はキーワードの出現率なのでしょう。

今後の注意点

今まで大丈夫だと思っていたことが問題になることを知りました。

今後、自分の感覚で過剰気味に感じるようなキーワードの詰め込みは自重しようと思います。

適切な頻度というよりも過剰にならないよう気をつけたいと思います。

問題になる場合とそうでない場合の境界線が何となく分かったことは大きな収穫でした。

フォローする