どうせ書くなら毎日書き続けたほうがいい

文章を書くなら毎日書いたほうがいいです。

書き続けることのメリット

書くための敷居が低くなる

毎日書くということは習慣であり、書こうとする第一歩を踏み出しやすいということです。

試しに数日書かない日を設けてみれば、何かを書こうとするのが面倒に思えることでしょう。

この文章だって数日間あまり書かなかった日々を乗り越えて書いています。

そのような状況では一歩踏み出すのも大変な労力であり、書き続けることの重要性を改めて認識しました。

毎日書き続けることで、書くための敷居は確実に低くなります。

逆に間が空くほどに敷居が高くなり、乗り越えるのも大変になってしまいます。

文章のクオリティが高くなる

慣れないことは時間がかかる割りにクオリティが低かったりします。

やはり毎日書き続ければクオリティを維持することも楽ですし、必要以上に時間がかかることもありません。

苦労せずにクオリティの高い文章を書くためには、やはり毎日書き続けるべきです。

練習すらしないで本番で結果を出せないことが当たり前のようなものです。

ブログのアクセス数が増える

毎日記事を書いて公開すればブログのアクセス数も増えることでしょう。

読者なら更新された記事を高確率で読んで頂けるでしょうし、検索エンジン経由のアクセスも記事数が増えたほうが良い影響を及ぼします。

目的はそれぞれだと思いますが、アクセス数が多いと都合がいいのではないでしょうか。

広告収入目的にせよ自己満足にせよ、アクセス数が増えると満足度も高まることでしょう。

書く力が高まる

書く力というのは書くことで高まります。

どういった構成の文章にするか、どう表現するか、別の表現はないか、もっと分かりやすく書けるのではないか等、多くの影響が期待できます。

そのためには書くことが重要であり、毎日、しかも複数の文章を書いたほうが効果的です。

日々の努力が実を結ぶことでしょう。

終わりに

毎日書くことの重要性を改めて自分に認識させるために書いてみました。

やはり間が空くと書く能力は劣ってしまいます。

ネットで情報発信をするなら書くことが切り離せませんし、どうせなら毎日書くことで書く能力を高めたほうが得られることも多いでしょう。

もしかしたら過去にも同じようなことを書いたかもしれません。

たまに書くことの重要性を再認識しないとクオリティの高さを意識できないかもしれないので、これはこれでよろしいのではないでしょうか。

とにかく毎日書き続けることが大切だと思い、早速この記事を書いた次第です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)