メール便廃止で本の通販はどうなるのでしょうか

本を買うときは専ら通販を利用しています。

販売店にもよりますが、文庫本一冊であっても送料無料で届けてくれるのは大助かりであり、メール便なくして送料無料は成し得なかったのではないでしょうか。

そして先日発表されたメール便の廃止です。

本の通販にも影響が出ると考えて当然でしょう。

ヤマト運輸では宅配便の最小サイズよりも小さな新サービスを検討中らしい情報がありますが、その価格次第で本の通販の送料に大きな影響が出そうです。

現在のように購入価格に関わらず全品送料無料が難しくなったとしても購入金額によって送料無料は可能でしょう。

それが比較的低い価格からであれば幸いなのですが。

送料によっては今よりも本を買わなくなることでしょう。

本以外でも広い範囲に影響が出るかもしれません。

変化というのは同時にチャンスでもあり、本に関しては電子書籍が普及するきっかけになるかもしれませんね。

そう書きつつも可能性は低いとは思いますけど。

いずれにせよ送料がどうなるか明確なことが判明しないことには右往左往するだけ無駄でしょう。

ヤマト運輸の新サービスは3月中に詳細が判明するらしいですし、販売店の対応もそれからでしょう。

本の通販が密かな楽しみでしたがどうなるのでしょうか。

今は情報が出るまで待つしかありませんね。

送料が無料のうちに何か買って待つとしましょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)