書きやすいことを書けばいいじゃない

日記を書いて公開しているうちに自分がどのような文章を書けるのか少し分かってきました。 しかしそれはあくまでも中間地点です。 その先にある目標は価値ある文章を書き、どのくらいのアクセス数があるかを知ることです。

自分の能力と、結果としてのアクセス数。 この二つの間には能力がないと結果が出ないという関係性があるように思えます。 自分の不得意とする内容の文章では結果が出ないでしょう。 やはり自分が得意とすることで文章を書くべきでしょう。 もしかしたら得意であっても結果が出ないかもしれません。 もしかしないでもそうなる場合がほとんどだと思いますけど。 得意であまり労力をかけずに済んだのであれば結果が出なくても損失は少なくできます。 こう否定的なことばかり書いていますが、もちろん得意だからこそ結果が伴う場合もあるでしょう。

ブログを始めてから現在までを振り返ると、自分の思うことを好き勝手書ける場合は長文もあまり苦ではなかったです。 苦手とするものは何かの紹介でしょうか。 皆様の心を奪うような素敵な紹介文なんて私には書けません。 他にも面倒だったものは何かを調べて書くことでした。 調べて何かが分かるということは他に十分な情報があるということです。 それをわざわざ表現を変えつつ簡潔にまとめる必要があるのでしょうか。

改めて考えると自分の思うことを好き勝手書くということが書きやすくもあり、それでいてオリジナルコンテンツであり、なおかつ読んで面白い(かもしれない)文章なのではないでしょうか。 先日の複数の話題で書けばいいという話と併せて、今後の文章を書くヒントが見つかったように思えます。 ただ、アクセス数が多かったからといって価値のある内容とはいえませんよね。 とりあえずはアクセス数だけで良しとしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)