GenymotionにGoogle Apps for Androidをインストール出来ない場合の対処方法の一例

Genymotionを用いてAndroidの仮想化をしてGoogle Playを動かそうとしたのですが、Google Apps for Androidをインストールしようとするとエラーが出てしまいました。

情報を調べて試行錯誤した結果、無事にインストールできるようになったので、私の環境での対処方法を書きます。

各種バージョン

  • Genymotion 2.3.1
  • Virtual Box 4.2.12
  • Google Nexus 7 2013 – 4.4.4 – API 19 – 1200×1920
  • Google Nexus 7 – 4.3 – API 18 – 800×1280
  • ARM Translation Installer v1.1 Hosted by FILETRIP
  • Google Apps for Android 4.4
  • Google Apps for Android 4.3

何故端末が2台あるのか不思議に思うかもしれませんが、片方で不具合が生じ、別のほうで解決したからです。

詳細は後ほど書きます。

動かなかったケース

Google Nexus 7 2013を利用した場合は上手く動作しませんでした。

ARM Translationのインストールは無事に出来るのですが、Google Apps for Android 4.4をインストールしようとするとファイルのコピーになってしまいインストール出来ません。

何度か試しても同じ結果になったので別の方法を考えることにしました。

動いたケース

仮想化した端末を変えてAndroidのバージョンも変えてみました。

Google Nexus 7はAndroid 4.3で動くので、Google Apps for Androidも4.3のものを新たにダウンロードします。

ARM Translationのインストールが無事に終わり、問題のGoogle Apps for Androidのインストールです。

今回は以前の端末の場合とは違い、コピーではなく無事にインストール出来ました。

端末の問題なのかAndroidのバージョンの問題なのか、それともGoogle Apps for Androidの問題なのか分かりませんが無事にインストール出来たことに違いはありません。

Android仮想化

まとめ

原因の特定までは出来ませんが支障のない対処方法です。

仮想化する端末を変え、Google Apps for Androidのバージョンも変えることで正常にインストール出来るかもしれません。

無事に動作した一例として参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)