テーマを決めて大量に記事を書いてみて難しかったこと

最近大量に文章を書くようになって慣れてきた面もありますが、今回は統一されたテーマで記事を大量に書いてみました。

その結果を振り返ると、テーマを決めてどのような記事を書くのか、書くべき記事一覧を作る段階が一番大変でした。

ちなみに記事を書くこと自体は慣れてきたので問題ではなかったです。
それよりも書くべき記事一覧を作るほうが精神的な負担が大きかったです。

なぜ書くべき記事一覧を作るのが大変だったのかというと、一つのテーマに関係する記事を30くらい考えたので、流石にネタが枯渇してしまったということです。

もう少し広い分野だったら良かったのですが、狭い分野で30もの記事は厳しいものがありました。
質より量を重視したので無理矢理どうにかしましたけど。

30記事でも苦戦したのに100記事書くとなったらどうなるのでしょうね。
テーマが狭い範囲であるほど難易度が上がるので、テーマを決める時点で難易度が決まりそうです。

30記事を書いてみた経験があれば、その3~4倍広いテーマを選べば100記事だって書けるかもしれません。
今回の経験は今後へと活かされるものだと思います。

書くべきジャンルやテーマを決めずに自由に書くのもいいですが、一度狭い範囲のテーマで記事がどれだけ書けるか試してみると得られるものがあります。

大量に記事を書く場合、実際に書く段階よりも事前の計画のほうが重要だと知りました。

それと、大量に記事を書いてサイト運営の観点から疑問に思える事象も見受けられました。

文章の書き方とは違う分野になってしまうので機会を改めて書きたいと思いますが、今回の記事の内容のように質を犠牲に数で勝負するのは良くない可能性が高いです。

もう少し工夫する必要があると感じました。

気になるかもしれませんが、詳細を記事にして公開するまで気長にお待ちください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)