ジャパンネット銀行から口座自動振替の確認が来た

とある商品の定期購入のためジャパンネット銀行で口座自動振替の申し込みをしたところ、手続きを進めるためのメールが来ました。

今まで地方銀行の口座で自動振替を申し込んでも確認の連絡なんて来なかったので、今回のジャパンネット銀行からのメールが来てセキュリティに力を入れていることを実感しました。

手続きを進めるためにはトークンと呼ばれる機器に表示されているワンタイムパスワードを入力するのですが、このトークンも口座開設時にユーザーの元に送られてきたもので、1分ごとにパスワードが変わる仕様になっています。

トークンを持っているのは本人ですし、そこに表示されるワンタイムパスワードは1分ごとに変化しますし、ジャパンネット銀行にログインするためにはパスワードが必要ですし、かなりセキュリティに力を入れているのではないでしょうか。

そして確認のためのメールが来たまま放置し翌日になり、また新たに確認の依頼のメールが来ました。

一定期間内に手続きを進めないと口座自動振替の申し込みが無効になるので、メールが届かなかったり見落としている可能性もありますし、不測の事態に備えてのことでしょう。

こういった気の利かせ方やセキュリティへの意識は他の面でも同様に発揮されていると想像できます。

何気ない行為の一つが全体のイメージを決定付けてしまう可能性もありますし、ならば好印象を与えるようにしたほうがいいでしょう。

口座自動振替をきっかけにジャパンネット銀行のイメージが更に良くなりました。

口座自動振替もワンタイムパスワードを入力し確認手続きが終了しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)