MeMO Pad 7(ME176)のバッテリーは不具合と不思議がいっぱい

MeMO Pad 7(ME176)は相変わらず売れているようです。
新型のME170と価格差が小さいのでコストパフォーマンスに優れているからでしょうか。

しかしMeMO Pad 7(ME176)はバッテリーに関する不具合が非常に多いです。

例えば急にバッテリーがなくなるとか、スリープ中でも容赦なくバッテリーが減りまくるとか、充電していないのにバッテリーが回復したとか、不思議な現象も含めて不具合が多いです。

しかも全員必ず同じ不具合が発生するという訳でもありません。
困ったことに対処方法も人によって違ったりしています。

私も実際に経験したのはスリープ中でもバッテリーが減りまくるというものでした。

対処方法は思いつく限り何でもしてみたので何が良かったのかは分かりません。
とりあえず不要なアプリは停止させたりアンインストールしたり、スリープ中でもWi-fiの接続を維持させたりBluetoothもONのままにしたりすることでどうにかなりました。

MeMO Pad 7(ME176)を実際に使っていない人は何故省電力に反するような設定にするのか不思議に思うかもしれませんが、実際それでバッテリーの消耗が抑えられたりするから不思議です。
しかも人によって効果があったりなかったりするようなので不思議です。

他にもあまり聞かない現象にも遭遇しました。

普段なら充電中にバッテリーがかなり発熱を伴うのですが、あるときだけは普段のように発熱せず充電できたのです。
それもそのときの1回だけで再現できない現象でした。

不具合と不思議がいっぱいですね。

事前に不具合が多いことは知っていましたが自分だけは大丈夫だと思って買ってみたところ、致命的な不具合は無かったとはいえ自分も多少問題が発生しました。
自分だけは大丈夫ということはなかったです。
それでも何が功を奏したのか不明ながらも一応常識的な範囲でバッテリーが減るようになりました。

このように不具合の多さを覚悟して皆様MeMO Pad 7(ME176)を購入しているのでしょうか。
バッテリーの不具合とアプリの互換性に問題がなければお買い得だと思うのですけど。

購入を検討している人はバッテリーの不具合を覚悟して買いましょう。
買ってしまって対処方法を探している人はWi-fiやBluetoothを節電させない設定にしてみましょう。

不具合と不思議がいっぱいのMeMO Pad 7(ME176)です。

購入を検討しているならME176ほどバッテリーの不具合が多くないME572も選択肢に入れてみるといいかもしれません。
メモリが多い点も魅力です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)