最近は「作り方」よりも「レシピ」のほうが人気のようで

料理の作り方を調べようとすると、よく検索されているキーワードでレシピを含んだものを見かけます。
一方で作り方というキーワードを見かける頻度はレシピよりも少ないです。

レシピという表現が主流になってしまったのでしょうか。

洋食ならレシピで何ら違和感はありませんが、和食でレシピと表現されると違和感を感じてしまいます。
例えば味噌汁ならレシピよりも作り方と表現してほしいです。

この問題には他の問題も含まれているのですが、ブログ等で検索エンジン経由のアクセスを期待するならレシピという表現を取り入れたほうがアクセス数に繋がるのかもしれません。

記事を公開するならアクセス数も多少あったほうが嬉しいですし!

実益のためには個人の感じ方なんて横に置いておいたほうがいいのかもしれません。
しかし逆に考えて少ない需要の中の多くの割合を占めるのも手です。

更に良さそうな方法としては両方のキーワードを含めることでしょうか。

味噌で有名なマルコメではレシピと作り方の両方が含まれるような表示にしてありました。

自然に両方のキーワードが含まれるようなサイト作りをすればいいのでしょうか。

多くの情報が調べれば分かる現代。
しかし膨大な情報に埋もれてしまわないためには一工夫必要です。

フォローする