スープカリーの匠を作ってみた感想

ハウス食品から発売されているスープカリーの匠という商品があります。
レトルトタイプも発売されていますが、ペーストタイプで実際にスープカレーを作ってみました。
商品には濃厚辛口と芳潤辛口がありますが、今回使ったのは芳潤辛口です。

料理の難易度

パッケージに記載されている作り方なら難易度は低いです。
簡単にいえば、材料を切って煮込むだけみたいなものです。

材料も鶏肉と人参とジャガイモなので身近なものばかりですね。

作ってみた感想

少しでも美味しくなるよう、鶏肉は炒めてから煮込むことにしました。

人参とジャガイモは火が早く通るよう、薄めに切りました。
ちなみに正しくはもっと大きく切るみたいです。
後から気付きましたが早く出来上がりますし、これはこれで良かったと思います。

その影響で煮込み時間は10分程度にしました。
本来なら20分ですが具の大きさの関係上、10分で問題ないです。

火を止め特製濃縮スープを混ぜ、そしてひと煮立ちさせたら仕上げです。

器に香りスパイスオイルを入れるとありましたが鍋に入れました。
本来一人分のものですが、複数人で味見できるよう作るためには鍋に入れるしかありません。
だからといって味や香りに大きな影響はないでしょう。

もう一つの付属調味料で、辛味調整スパイスというものがあります。
これがものすごく辛いので入れないほうがいいかもしれません。
全部入れたら後悔しました。

かくして完成しました。
実に簡単に出来てしまいました。

食べてみた感想

辛味調整スパイスを入れなくても十分辛いです。
ちょっと辛すぎる気がするくらいなので、辛いものが苦手な人にはお勧めできません。

味はというと、ちょっと独特な雰囲気があるので好き嫌いが分かれそうです。
魚介類を使った影響なのでしょうか。

個人的には一度食べれば満足できたので、また買うことはないでしょう。
やはり普通のカレーを美味しく作ったほうが満足度が高いのです。

しかしスープカレーを手軽に作れるというのはいいですね。
作るのも難しくないですし、たまには変わったものを、という場面で役立つかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)