World of Tanksの広告のミニゲームで感じたこと

World of Tanksの広告

以前から度々見かけていたWorld of Tanksの広告ですが、すでにゲーム自体プレイしていたので広告には反応していませんでした。
しかし広告のミニゲームが意外に面白いという話を聞き、どのようなものなのか実際に試してみました。

ミニゲームは何種類かあり、遊んだ記憶にあるのは3種です。
その全てがさりげなくゲームへ興味を持たせるような作りになっていたので驚きです。

戦車に砲撃を当てるというミニゲームは当てる面白さを体験させゲームをプレイさせようとしているのでしょう。
それが一番面白い点だと思いますし、動いている戦車相手に正確に砲撃を当てることは難しいです。
もっと上手く当てたいと思う気持ちがゲームをプレイさせる動機になるのでしょう。

木々に隠れた戦車を砲撃するミニゲームは、実際のゲーム内で戦車が潜んでいても見えない可能性があり、推測して砲撃する自走砲ならではの楽しさを伝えようとしているのでしょう。
実際のゲームでは無駄に砲撃できませんし、そのように上手くはいかないのですけど。

一番謎な広告は速度を指定して障害物を破壊して進むミニゲームです。
とりあえず突っ込んで障害物を破壊する楽しさを伝えようとしたのでしょうか。

私が実際に遊んだ広告のミニゲームは以上です。

さりげない意図に気付いた、もしくは私が勝手に感じ取ったときには面白い広告だと気付かされました。
よく考えられたものだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)