トマトコーポレーションのマイルドタイカレー(グリーン)を食べた感想

缶詰のタイカレーといえば、いなばのものが有名ですが、同様の商品は他社からも発売されています。

今回はトマトコーポレーションのタイカレーの缶詰を食べた感想です。
いなばのタイカレーとの違いについても取り上げたいと思います。

食べた感想

鶏肉が申し訳程度に入っています。

いなばのタイカレーと比べると5倍くらいの差があるかもしれません。
トマトコーポレーションのタイカレーの肉に期待してはいけません。

その他の具

これも申し訳程度に入っています。
いなばのタイカレーでも同様にほとんど入っていなかったので少なさは互角といえます。

ルー

缶の大きいトマトコーポレーションのタイカレーはルーも多いです。

辛さはいなばのものよりも辛いです。
他人に勧めるのをためらってしまう辛さなので、好き嫌いが分かれそうです。

それ以外の美味しさは十分なものです。
いなばと同じくらい美味しいですが、辛さの関係でいなばのほうがお勧めできます。

マイルドという商品名に騙されてはいけません。

まとめ

トマトコーポレーションもいなばも、どちらも十分な美味しさがあります。
大きな違いは肉の量と辛さでしょうか。

肉が少なく、辛さも辛くていいのであればトマトコーポレーションのタイカレーは最適な選択になるでしょう。
安くて量が多いのでコストパフォーマンスに優れています。

人を選ぶトマトコーポレーションと、万人受けしそうないなば。
そのように表現しましょうか。
そもそもタイカレー自体人を選ぶような気がしますけど。

しかしこの安さでこの美味しさには驚きました。
この商品の安さは魅力的ですが、個人的には辛さが少々厳しいので、いなばのものを選びたいです。