毎日ブログを書くことはシンプルな生活に反する

シンプルな生活を心がけるならブログを毎日書くべきではない。

理由は簡単だ。
毎日書くことが義務になると生活に1つ制約が増えてしまうからだ。

シンプルな生活には自由を阻害する要素を極力減らすべきだ。
仮にブログを書くにしても毎日必ず更新するのではなく、不定期でも構わないという心構えで取り組むべきだ。
そうしないとブログの更新が負担になり、シンプルな生活を送ることができなくなってしまう。

今の私が正にそれである。

雷雨が激しくてもブログを更新するため、タイミングを見計らいPCを起動させ記事を更新する。
事前に書いておいた記事をコピペするだけとはいえ、毎日更新を維持すべく手間がかかる。
停電しないよう、回線が不調にならないよう、そう祈りながら記事を更新する様というのも何かが違うような気がする。

そういった事態なら無理に更新しなくてもいいのではないかという意見が聞こえてきそうだ。
しかし、今までせっかく毎日更新し続けられてきたのだから、できるだけこのままのペースを維持させたい。
多分、毎日更新ではなくなったときにはやる気を一気に失い、記事の更新頻度が思いっきり低下してしまう恐れがある。
そうならないためにも日々適当なことでもいいので書かなくてはならない。

このように目的と手段が入れ替わってしまう可能性があるので、毎日ブログを書くことはシンプルな生活に反するのである。

フォローする