自作テーマを作る過程が記事になったらどうなるか予想してみた

いつかは自作したいWordPressのテーマ。
もしかしたら、その日が近いのかもしれません。

もし、実際に取り組むとなったら、その過程を記事にしてコンテンツの1つにしない手はありません。

まずは実際に記事にしたらどうなるか予想してみましょう。

自作する過程なので複数回に分けて書くことになります。
その分け方ですが、ある程度まとまってから書く方法と、日々の取り組みを書く方法が思いつきました。

少し考えた結果、日々の取り組みを書いたほうがいいという結論に達しました。
理由は簡単で、このブログは毎日更新しているので良いネタになるからです。
何に悩んだのかも分かりやすいと思うので、今後自作テーマに取り組む人のヒントになるかもしれません。

それに完成されたコンテンツでは自作テーマの作り方は分かりやすいかもしれませんが読み物としては面白くないでしょう。
読んでいて面白いのは苦労している様だと思います。

やはり日々の取り組みを記事にするしかありませんね。

最大の懸念事項は、自作テーマに挫折する可能性です。
デザインセンスのなさも気がかりです。
完成しなかった場合も取り組んだ過程としては成立していますし、そうなったらなったで良いのかもしれません。

このように予防線を張ることで挫折した場合の精神的ダメージを緩和できることでしょう。
そのために、この記事があったりもします。
素晴らしい準備ですね!

話が逸れてきたので戻しましょう。

自作テーマが完成した場合、配布もどうすべきか考える必要があります。

このブログでは他人と直接コミュニケーションを取らないので、サポート面で無理があります。
それに管理人の名称も管理人ですし、何かこう、もっと分かりやすい名称にしたほうが良いと思うのです。

更に言えば、このドメインはネットオウル社のものなので、どうせなら独自ドメインを取得して公開したほうが被リンクを貰えて後々何かと有利になりそうですし、そうなるとドメイン名やサイト名も考える必要がありますし、考えることが多すぎて公開以前の問題が山積みになってしまいます。

あれこれ考えると公開まで達しませんし、あまり考えないとセンスのないネーミングになることでしょう。
どうせ公開するなら素敵な名称にしたいものです。

このようにグダグダな展開が予想できてしまいますが、それでも取り組まない訳にはいきません。

やる気を出したところで忘れていたことが1つありました。
新たにカテゴリーを増やすとなると、そのカテゴリー用のデフォルトのサムネイルを用意する必要があります。
これが案外面倒なので、そこでまた悩むことになってしまいます。

前途多難です。

フォローする