ゼラチンと寒天の違いについて

沸騰させる意味

似て非なるゼラチンと寒天。
一番大きな違いは沸騰の有無だと思います。

ゼラチンは沸騰させると固まる力が弱まってしまいます。
一方寒天は沸騰させて煮込むことで固まる力を発揮できるようになります。

間違えると思ったような出来になりません。

固まる温度

ゼラチンと寒天では固まる温度も違います。

ゼラチンは15~20℃くらいで固まると言われています。
寒天は30~35℃で固まると言われています。

ゼラチンは冷蔵庫で冷やさないと固まりにくいですが、寒天なら冷蔵庫に入れ忘れても固まります。
実際に常温で放置して固まることを確認しました。
でも夏の暑さでは固まらないかもしれませんね。

カロリーの違い

ゼラチンは100gあたり344kcalあります。
しかし寒天はカロリーが0です。

甘くするために砂糖を使えば当然カロリーは増えますが、寒天自体のカロリーは0です。
ゼラチンもゼリー作りに使う程度ならカロリーも低いので、あまり気にする必要はないと思います。

栄養の違い

ゼラチンはコラーゲン由来のたんぱく質が豊富に含まれています。
寒天は食物繊維が豊富に含まれています。

普段の食生活で不足しがちな食物繊維を取れるというのは寒天のメリットかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)