備蓄用の缶詰の賞味期限が迫ってきて困ったこと

災害はいつ襲ってくるか分かりません。
インフラやライフラインに被害が生じても数日間は凌げるよう、缶詰を備蓄しておきました。

缶詰にも賞味期限があります。
2年や3年持つとはいえ、やがて賞味期限を迎えてしまいます。

賞味期限を迎えること自体困ったことという面もありますが、それ以上に困ったことがありました。

その内容とは――。

美味しくない缶詰

缶詰の賞味期限を迎える前に食べないと勿体ないです。
捨てるなんて選択肢はありません。

しかし、食べるといっても美味しくない缶詰だと困ってしまいます。
しかも、その美味しくない缶詰を大量に買い込んでしまったのでした。

普段から缶詰を食べていない私にとって、当時たまたま食べた缶詰が美味しいと思ってしまいました。
しかし、半年以上経ってから改めて食べてみたところ、客観的に考えて美味しいとはいえず、その後知った美味しい缶詰と比べると味の違いは明らかです。

そのような缶詰の賞味期限が大挙して迫ってきたのです。

これには困りました。
何分美味しくないので消費も進みません。
消費しないことには新たな缶詰と入れ替えられません。

それでも少しずつ食べているので、賞味期限が許容範囲内で過ぎた頃には大方食べ終わっていそうです。

教訓

今度缶詰を買いだめするときには美味しさを重視したいと思います。
せめて食べることが苦にならないものを選びたいです。
有事の際も贅沢はいえませんが、それでも美味しいものを食べたほうが元気が出るでしょう。

普段から美味しく食べられ、古くならないよう定期的に入れ替えられるものだと賞味期限が一気に押し寄せてくることもないでしょう。

平時も有事も上手く対応できるような備蓄を心がけたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)