コーヒー寒天を作ってみました

寒天とゼリーでは違いますが、何やら似たようなものが出来るという話を聞いたので、まずは普通に分量通りで寒天を作ってみました。

では、作ってみた感想や食べてみた感想です。

作り方

寒天の種類

今回使用した寒天は粉寒天でした。
棒寒天では戻すために時間が必要なので手軽に使えません。
その点、粉寒天はそのまま使えて便利です。

作り方

  1. 鍋に水500mlを入れ、粉寒天5gを入れる。
  2. 鍋を火にかけ、混ぜながら沸騰させる。
  3. 混ぜながら1~2分沸騰させたら火を止める。
  4. インスタントコーヒーを投入し混ぜる。
  5. 容器に分けて粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

作ってみた感想

ゼラチンのほうが簡単に作れます。
寒天は混ぜながら沸騰させる手間や、1~2分沸騰してから混ぜながら煮込まないといけないので熱いですし手間がかかります。

そもそも大きな手間ではないともいえますけど、それでも簡単に作りたいならゼラチンに分があります。

ちなみに固まりやすさでは寒天に分があります。
粗熱を取ろうと長時間常温で放置していたら固まってしまいました。
忘れっぽい人には嬉しい性質なのかもしれません。
しかし真夏の暑い日では固まらないかもしれません。

食べた感想

ゼラチンで作ったゼリーとはやはり違います。
寒天のほうが固く砕けるような食感なので、ゼラチンで作ったゼリーの滑らかな食感には勝てません。

もしかしたら寒天の分量を調節することで食感が改善するかもしれないので、近いうちに試してみたいです。

寒天のほうが低カロリーなので、もし食感が改善できるなら寒天のほうを積極的に食べたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)