自分が毎日読んでいるブログを読み続ける理由

ブログの書き手としてではなく、ブログの読み手の視点から考えてみるのも新たな発見があります。
そのような発見について少々書いてみました。

自分が毎日読んでいるブログがいくつかあり、なぜ毎日読んでいるのか考えてみました。

毎日読む理由

興味深い内容

やはり興味深い内容でなくては読む必要がありません。
私は役に立つ情報を得たいのです。

それは趣味とか興味のある分野みたいな、どちらかといえば楽しみのためのものもありますし、知識を得たり物事の見方を参考にしたいという、自分の能力を伸ばすためのものもあります。

いずれにせよ他人とは違う面白いことをしていたり、考え方が面白かったりしているという共通点があります。
普通ではつまらないのです。

1日に複数回更新する場合が多い

毎日5記事程度投稿している人もいますし、薄めの内容で更に高い更新頻度の人もいます。
逆に必ずしも毎日投稿している訳ではない人もいます。

それでも全体的にみると更新頻度が高く、毎日複数の記事を投稿している人が多いです。

毎日複数の記事を投稿するメリットとして、扱うジャンルの幅が広くても、毎日1記事くらいは興味のある分野の記事があることでしょうか。
毎日何かしら興味のある記事が公開されているから毎日読もうとしているのかもしれません。

逆に考えれば、1記事でも興味のある分野のものがあれば、他に興味のない分野の記事がいくつあっても大丈夫なのかもしれません。

自分は同じようなことが出来るのか

毎日読みたくなるブログを真似すれば私のブログも大盛況になるかもしれません。
そのためには毎日複数記事を書く必要があります。
そしてそれは容易なことではありません。

しかし、試してみる価値はありそうです。
(5月に同じようなことを試してみましたけど、当時と今では慣れが違うので結果も違うものになるかもしれませんし。)

とりあえず記事のストックを増やしてみるとしましょう。
ストックに余裕が出来れば公開する頻度を上げても大丈夫ですし、今のペースのままでしか記事を書けなくても影響はありません。

かくして皆様に見えないところで努力するのでした。

フォローする