報われる可能性が高い努力をすべきなのか

努力しても報われるとは限らない。
しかし報われる可能性が高いか低いか、事前に大まかな予想はできる。

現在している努力は報われる可能性が低いものだろう。
しかしそうではなく、別のやり方なら報われそうな努力の方向性は見えている。

このような状況なら報われる可能性の高いほうで努力すべきではないか。

やる気は無限ではない。
何かしらの試みをして結果が散々では次のための気力がなくなってしまう。
そうならないためにも、やる気がなくならない程度の結果を出しつつ、結果が出ないかもしれないことに取り組むべきではないか。

何事もバランスというものは重要だ。
短期的な結果を求めることだって大切だが、長期的な視点を持つことも大切だ。
それらのバランスを取るよう心がけるべきだ。

現状をバランスという観点から見ると、短期的に結果を出す点が著しく不足している。
そして短期的に結果を出すためのやり方は大まかに把握できている。
足りないものは努力の方向性を変える決断だ。

では安心して方向性を変えられるよう、準備をしてみよう。

必要な費用や時間はどれくらいなのか。
どういった問題が予想できるか。
それらの予想が出来れば安心して決断できるだろう。

まずは下調べからだ。

こういった報われる可能性の高い方向へ向かう努力は負担に感じにくい。
やはり努力するからには報われる可能性の高いもののほうがいい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)