WP Over Networkの使い方

WordPressのマルチサイト機能を利用した場合に役立つプラグイン、WP Over Networkについて書いてみます。

WP Over Networkとは何か

WP Over Networkとは、WordPressのマルチサイト機能を利用した際、子サイトの記事情報を取得し表示させるためのプラグインです。

マルチサイト自体がいまいち利用されていないため知名度の低いプラグインですが、子サイトの情報を手軽に表示できるというのは大きな魅力です。

しかもインストールも使い方も難しくありません。

インストール方法

他のプラグインと同じようにダッシュボードのプラグインから検索します。

新規追加の検索欄に「WP Over Network」と打ち込んで検索しましょう。

多分最初に出てくるので名称を確認して今すぐインストールし、そして有効化します。

使い方

親サイトの固定ページに子サイトの記事を表示させる方法です。

親サイトの適当な固定ページの本文に次のショートコードを書き加えます。

[wponw_recent_post_list]

最初と最後の括弧も含めて記述します。

これだけでデフォルトの設定で記事情報を表示させられます。

ショートコードの変更

ショートコードに設定を書き加えることで、表示件数や並び替えといった設定を変更できます。
他にも使用するテンプレートを設定できたり、表示させないサイトを設定することも可能です。

いくつか例を挙げてみましょう。

表示件数を10件にし、親サイトの記事を表示させなくする設定は次のようになります。

[wponw_recent_post_list numberposts=10 post_type=post exclude_blog_ids=1]

先ほどの例でテンプレートを指定する場合は次のようになります。
ここでは「custom」というファイル名のテンプレートを指定してみました。
なおファイル名の拡張子の部分は不要です。

[wponw_recent_post_list numberposts=10 post_type=post exclude_blog_ids=1 template=custom]

テンプレートファイルのカスタマイズ

WP Over Networkで出力されるHTML文はテンプレートファイルをカスタマイズすることで変更することができます。

テンプレートファイルはWP Over Networkのフォルダの下にあるtemplatesというフォルダにあります。
デフォルトで読み込まれるものはarchive-simple.phpみたいです。

カスタマイズで問題が起きても大丈夫なよう、元のファイルはバックアップを取っておきましょう。
もしくはファイルをコピーして別名にし、それをカスタマイズするようにしましょう。

どのようにカスタマイズするかを説明できるほどの知識がないため詳しくは書けません。
それでもサムネイルを非表示にしたり、日付を最初に表示させることは出来ました。

少々知識があれば自己責任でカスタマイズしてみるのもよろしいかと思います。

ウィジェット

WP Over Networkはウィジェットを利用することも可能です。

「Recent Posts over Network」というものがWP Over Networkのウィジェットになります。

各項目を簡単に説明します。。

Title:

ウィジェットの名称です。

Number of posts to show:

表示させる件数です。

Display post date?

投稿日時を表示するかです。

Cache expiry time:

キャッシュの有効期限です。

Target post type:

通常の投稿だけ表示させるならpostを指定します。
固定ページも含めて表示させるならpost,pageのように指定します。

Blog IDs to include:

指定しなければ親サイトも子サイトも全部が対象になります。

Blog IDs to exclude:

指定したIDのサイトだけ表示させないようにします。
親サイトだけ表示させたくないなら1を記入します。

終わりに

個人的な利用の仕方で得られたことを中心に書いてみたので、どうしても情報に偏りが生じています。
WP Over Networkの実力はここで紹介した以上のものがあります。
もっと詳しい情報は公式サイトで確認しましょう。

WP Over Network をリリースしました。 | Foreignkey, Inc.

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)