いつもとは違った雰囲気の文章を書こうと心がけてみた結果

どういった文章が書けたのかは恥ずかしいので非公開にさせてください。
それほど変な文章という訳ではないですけど、なんとなくです。

本題に入りましょう。

ですます調ではない言葉遣いの文章を書いてみました。
もう少しぶっきらぼうというか、無理に丁寧にしないというか、そんな感じの文章です。

まず書き始めて感じたことは違和感です。
いつもの慣れ親しんだものとは違いますし、違和感を感じて当然でしょう。
その違和感も200字くらい書いたらかなり緩和されました。

慣れてくると、今度は調子が出てきます。
そのまま一気に2000字以上書き上げてしまいました。
最初の戸惑いが嘘のような勢いです。

その一因は自分の知識や経験だけで書ける内容だったことがあるかもしれません。
何かを調べながらでは調べる手間と知識を自分のものにする手間がかかり、どうしても時間がかかってしまいます。

そしてもう一つ要因があります。

実は文章を書くにあたって参考にした文章があったのです。
その文章の雰囲気をイメージし、似たような雰囲気になるようにしてみました。

参考にした文章が勢いに任せて書き殴ったものの影響でしょうか。
私も同じように勢いに任せて書き上げてしまいました。
書き殴るよりも気を使っている点は違いますね。

こうしてみると誰かをイメージしたほうがそれっぽい文章になるのかもしれません。
それは具体的である必要はなく、大まかなものでも十分です。
どうせ忠実に再現なんて出来ませんし、あくまでも参考程度です。

さて、今回得た経験をまとめてみましょうか。

参考にする文章があれば同じような雰囲気の文章が書けるかもしれないこと。
自分の知識や経験だけで書けるなら効率的であること。
調子が良いと一気に2000字以上書けること。

文章の書き方で試行錯誤している最中の、とある一つの試みでした。
わずかながらも成長を感じることができます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)