固定ページ用のテンプレートの作り方

WordPressの固定ページで利用できるテンプレートを作ってみたのですが、案外簡単に出来てしまいました。

正確にはテンプレート自体を作ることが簡単なのです。
テンプレートをカスタマイズするのは、また別の問題になります。

ではテンプレートを作る手順を説明しましょう。

page.phpを複製する

テンプレートファイルは元になる固定ページをカスタマイズして作ったほうが手間がかかりません。
まずはpage.phpを複製し、適当な名前に変更しましょう。

私は「page-template-bodyonly.php」という長い名前にしてみました。

本文だけ表示させるテンプレートなので、このファイル名にしました。
「page.php」ファイルが元になっているテンプレートということも分かりやすいですし、ファイル一覧でアルファベット順に並び替えると元のファイルの隣になるので分かりやすいという理由もあります。

テンプレート名を書き加える

複製したファイルを開き、先頭部分にテンプレートと認識されるよう書き込みます。

<?php
/*
Template Name: body only 
*/
?>

このように書き加えます。
テンプレート名は分かりやすいように書き換えてください。

ここで書いた名称が固定ページのテンプレート選択欄で表示されます。

ファイルの中身を好き勝手カスタマイズする

テーマによって中身が違うので、ここでは簡単な例を挙げます。
多分、多くのテーマで使われていると思われる部分のカスタマイズ例になります。

サイドバーを表示させない

get_sidebarという関数をコメントアウトさせます。
get_sidebarの記述を探して、次のように「//」を書き加えましょう。

<?php //get_sidebar(); ?>

これでサイドバーが表示されなくなります。

フッターを表示させない

こちらもサイドバーと同様の手順です。
get_footerという関数をコメントアウトさせます。
get_footerの記述を探して、次のように「//」を書き加えましょう。

<?php //get_footer(); ?>

これでフッターが表示されなくなりました。

しかしフッターまで表示されないというのは不便な気がしてきました。
この辺は用途に応じてカスタマイズしてください。

ここまでカスタマイズを終えて

サイドバーが表示されなくても本文のレイアウトがそのままだと見栄えが悪いかもしれません。
これはテーマによりますけど、修正するとなると面倒です。

固定ページのテンプレートを作るだけなら簡単ですが、それに伴うカスタマイズは面倒です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)