リビジョンを無効にするプラグイン「Disable Revisions」

WordPressで記事を書いていると自動的に記事が保存され、リビジョンとして復元できるようデータが残ります。
記事を修正して公開すればした分だけリビジョンも増えていきます。

過去のリビジョンを利用する機会はないでしょうし、これではディスク容量を無駄に使うだけです。
それならばリビジョン機能を無効化させたほうがいいでしょう。

そこで活躍するプラグインが「Disable Revisions」です。

このプラグインを導入すればリビジョンが保存されなくなるのでディスク容量が無駄になりません。
気付いたら大量のリビジョンが作られていた、というような事態も防げます。

頻繁に記事を修正するなら導入したいプラグインです。

導入方法

Disable Revisionsも他のプラグインと同様の導入方法です。

ダッシュボードのプラグインから新規追加を選び、Disable Revisionsで検索しましょう。
同じ名前のプラグインが最初に表示されていると思うので、確認したら今すぐインストールをクリックしましょう。

インストールが済んだらプラグインを有効化させます。
特に設定する必要はなく、プラグインを有効化させた時点でリビジョン機能が無効化されています。

なお、過去のリビジョンはそのまま残っています。
リビジョン機能を無効にした後からリビジョンが保存されなくなります。

導入も簡単ですし、使い方も簡単です。
これで無駄にリビジョンが増えることもなくなりますし、ディスク容量を余計に使うこともなくなります。
レンタルサーバーのディスク容量が少ないプランの人に特におすすめのプラグインです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)