5ページしかない小規模サイトを作って感じたこと

いろいろ試してみようということで、今回は5ページしかない小規模サイトを作ってみました。

5ページとはいっても目的とする情報は得られるように作ったつもりです。
しかしページ数の少なさは情報量の少なさであり、それをgoogle先生がどのように評価するのかが気になるところです。
むしろ一番気になるところがgoogle先生の評価だったりします。

5ページで十分なら大規模サイトを作らなくてもいいですし、不十分だとしたら情報量を増やせない場合は諦めるしかないのでしょうか。
もしかしたら被リンクによる影響で、どうにでもなるのかもしれません。

となると次は被リンクの影響力の大きさを試してみることでしょうか。
同じくらいの規模のサイトを作って、そちらで被リンクの効果を試してみたほうが良さそうです。

被リンクといっても無料ブログを利用するようなものもありますし、発リンクが少ないよう工夫をする場合もあります。
これらが同じ結果をもたらすとは思えません。
となるとリンクの質についても試してみるほうがいいのでしょう。
でも試すのも難しいので機会があれば、という消極的なものにしておきましょう。

だんだん次なる目的がはっきり見えてきました。
次は小規模サイトで被リンクの効果を調べてみましょう。
とりあえずリンクの質についてはその時にまた考えるとしましょう。

さて、次はどのような分野のサイトを作ってみましょうか。

フォローする