軽く冷凍された生姜をすりおろしてみました

暑い季節になってくると冷蔵庫の中の温度が高くならないか気になってしまいます。
そこで温度設定を少々強く冷やすようにしました。

このことが今回の出来事の発端でした。

生姜を冷蔵していたはずが凍ってしまった

生姜を冷蔵庫に入れておいたのですが、温度設定が悪かったのか、それとも冷え方の偏りなのか、生姜か軽く凍ってしまいました。

冷凍庫でもないのに凍るクオリティ。
それは新たなる経験への誘いでもあったのです。

生姜が必要だった

それでも私はすぐに生姜を使いたかったのです。
生姜をすりおろしたかったのです。

おろし金が金属製なので冷凍生姜には負けないでしょう。
冷凍といっても軽く凍った程度なので、本気の冷凍だったらどうなるか分かりませんけど。

冷凍された生姜をすりおろしてみた結果

軽く冷凍された程度の生姜を金属製のおろし金ですりおろしてみました。

すると、繊維として分解されるような独特のおろし方になりました。
おろし金でおろされるというより、おろすための横方向の動きで手で持った生姜が崩れていくようでした。

普通にすりおろしたようにはなりませんでした。
それに比べると相当荒かったです。

それでも生姜は生姜です。
貴重な経験と共に美味しく頂きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)