文章の表現方法で悩んだら類語辞典を利用すればいい

文章を書いていて同じ表現ばかり使っているような気がしました。
これでは面白みもないですし、表現方法で成長がないので、他にどのような表現があるのか調べてみたのです。
すると多くの場合に類語辞典の情報が参考になりました。
これは類語辞典を利用することで表現の幅が広がるということでしょう。

適当な表現で検索すれば類語辞典のページが表示されると思います。
そこに書かれている数十もの類語は表現のヒントになるでしょう。

どのような類語があるのか見ているうちに、そのような表現を自分のものにすることができるかもしれません。
そうなればしめたもので、表現の幅が広がったことになります。
何度も調べては自分のものにしていくことで、やがて多彩な表現方法を使いこなせるようになっていくのです。

表現の幅が広がると言葉遊びのようなことができます。
代表的なものは文章の韻を踏むことでしょうか。
具体的なものは思いつきませんが、機会があればさりげなく使ってみたいです。

私が書く文章だって進歩していると思います。
当初よりも表現方法は多彩に、そして時に芸術的であったり、時に韻を踏んで遊んだり。

知識を増やしたり、文章の表現の幅を広げたり、ただの楽しみであったり、類語辞典で得られるものは多いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)