メリットとデメリットをベースに文章を書いてみる

ふとした思い付きで、メリットとデメリットをベースにして文章を書いたらどうなるのか試してみたくなりました。
見出しでメリットやデメリットと書くのではなく、全体の文章の構成としてメリットとデメリットを意識して書くやり方です。

メリットとデメリットを明確にすれば、少なくとも1つのテーマを2つの観点から書くことができます。
それぞれの観点を細分化すれば、きっと500字くらいの文章は簡単に書けてしまうのではないでしょうか。
書き手も読み手も何について書かれているのか分かりやすくなるかもしれません。
何かをレビューするような目的と相性が良いでしょう。

しかし、この書き方にも問題はあります。
すべての物事にメリットとデメリットという二面性を求めなくてはならない点です。

「甘いものを食べたらカロリーに気をつけないと太ってしまう」のような、わざわざ書かなくても分かっているようなものもありますし、「誕生日おめでとう」のような、デメリットが不要なこともあります。
この書き方では穏やかな日常を綴るような文章とは相性が悪いです。

実際にメリットとデメリットを意識しながら書いてみましたが、書き方に囚われてしまって書きにくさを感じました。
もっと改良を加えれば何かに使えそうな書き方になりそうな気もしますが、この書き方に固執する必要はないでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)