相場を読むことは難しい

相場といっても株式とか為替とかではないので、もっともっと些細な影響しか受けない分野の相場の話です。

オンラインRPG編

最近サービスが開始された某オンラインRPGですが、サービス開始直後は必要なアイテムの相場も上がり、その機会に上手く売り抜ければ一財産築くことが可能でした。

しかし、それが上手く機能していたのも数日の間だけでした。
需要よりも供給が上回れば相場なんてものは即下落に転じます。

いつ需要と供給のバランスが逆転するか予測することは難しかったです。
予測したタイミングが1日違うだけで状況が大きく変わってしまうのです。

近い将来の予測ですら難しいのですが、更に先の予測は逆に簡単です。
多くのアイテムの相場は0に近い価格に収束していくのです。
即ち、アイテムなんて売れないような状況になっていくのです。

利益を出したいなら需要と供給のバランスが何時崩れるか見極めないと難しいです。
オンラインRPGという現実世界よりもシンプルな仕組みの世界であっても、相場の変動を見極めることは難しいです。

Steamコミュニティマーケット編

Steamのサマーセールが行われ、それに伴いトレーディングカードの売買も活発になってきました。

トレーディングカード1枚あたり10~30セント程度の小額な取引とはいえお金が絡んできますし、オンラインRPGとは違って現実世界のお金が増えたり減ったりしてしまいます。
厳密にはSteamウォレットなのでお金に相当するものですけど。
それは置いておいくとして、世界中から大勢の人が取引に参加しています。

このような状況で、トレーディングカードの相場はどう変化していくのでしょうか。

以前売ったトレーディングカードの相場の変動を見てみたところ、どうやら私が売った頃は相場がかなり下がっていた頃のようで、最近はそのときよりもやや高めの相場になっていました。
売るタイミングを完全に間違えています。
もう少し後に売れば良かったのですが、当時は相場が下がると予想して早めに売ってしまいました。

Steamコミュニティマーケットの世界とはいえ、相場の変動を読むことは難しいです。

某家電編

某家電を買おうと思い、しばらく前から目当ての商品の価格をチェックしていました。
そのときの変動は徐々に安くなる動きで、そのまま待っていればもっと安くなりそうだと感じました。

実際に安くなっていったのですが、今度は在庫がなくなっていきました。
安くなった分だけ、他の商品よりお買い得になり、皆様がこぞって買ったのでしょうか。

安い販売店の在庫も無くなっていきましたが、もっと高い価格の量販店の在庫もなくなっていきました。

物が無くては買うことができません。
例え家電であっても相場の変動は読めませんでした。

その後、都合よく在庫があって、価格も安めな販売店を見つけて無事に買うことができました。
その点だけは幸いでした。

まとめ

どのような分野であっても、私には相場の変動を読む能力が残念なものであることを痛感しました。
きっと情報収集が不十分なのでしょう。
これでは軽い気持ちで為替とか株とかに手を出さないほうが良さそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)