ゼリー作りで手を抜く方法

ただただ毎日ゼリーを作っている訳ではありません。
時に工夫し、時に失敗し、そして最適という名の手抜きの方法を知っていくのです。
そして知った手抜きの方法を紹介しましょう。

手抜きの方法

容器は1つでいい

複数人分作る場合でも1つの大きな容器で作りましょう。
容器がたくさんあるとラップをかけるのが面倒です。
見た目を気にせず、食べるときに切り分ければ多少手抜きできます。

もちろん1人で1つ食べるということも可能です。
250g食べても低カロリーです。

容器の中でゼラチンを溶かしてもいい

わざわざ別の鍋でゼラチンを溶かす必要はありません。
容器の中にゼラチンを入れてお湯を注いでも問題なく溶けて混ざります。
鍋を洗わなくて済むので片付けが楽になります。

粗熱を取らずにラップをかけていい

粗熱を取らずにラップをかけると、ラップに水滴が貯まってしまいます。
食べるときにラップを丁寧に取れば水滴もそう多くは垂れません。
次に書きますが、多少水分があると砂糖をかけた場合にメリットがあります。

ガムシロップやコーヒーフレッシュはいらない

そのような立派なものは使わないで砂糖をかけましょう。
微妙な水分があれば砂糖が微妙に溶けてガムシロップみたいな雰囲気になります。
ならなくても砂糖があれば甘く美味しく食べられます。
わざわざ立派なものを用意しなくても、見た目を気にしないなら砂糖をかければ十分です。

でもコーヒーフレッシュに砂糖を加えたほうが美味しいです。

自分用なら手抜きでもいいじゃない

自分用で作るなら手を抜けるだけ抜いたほうが楽でいいです。
むしろ自分のためにそこまで手間をかけていられません。
人様に提供する場合に気を使えばいいでしょう。

ゼリー美味しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)