SEO対策とヘッダタグ

ヘッダタグの取り扱いで疑問があったので調べてみました。 こういった疑問を調べるとSEO対策について書かれた情報が良く出てきます。 SEO対策なんて関係ないと思われるかもしれませんが、ヘッダタグを適切に使用することがSEO対策にもなるようです。

さて、ヘッダタグです。 一番強調したいことはH1タグで書きましょう。 基本的にこのタグは1ページ中1回のみ使いましょう。 そうするとヘッダ部で使うことになると思います。 TITLEタグと同じような内容になるかもしれません。 余談ながらTITLEタグもH1タグもSEO対策で極めて重要になるのでページの内容に相応しいキーワードを含めましょう。

ヘッダ部にH1タグを使うとなると、本文の見出しにはH2タグを使うことになります。 場合によっては更にH3タグでも見出しに使うかもしれません。 H2タグもH3タグも複数回使用して問題ないです。 読み手が分かりやすいことが重要ですが、本文の内容に相応しいキーワードを含めたほうがSEO対策になります。 とはいえH2タグやH3タグよりH1タグやTITLEタグのほうがSEO対策になるのでH3タグは気楽に使って大丈夫そうです。

注意すべき点はヘッダタグを階層構造になるようにすることです。 H1タグを使わないのにH2タグやH3タグが存在するような事態は避けましょう。 H1タグとH3が存在しているのにH2タグが存在していないというのもよろしくないです。

今回調べてみたことでヘッダタグを適切に使用することの重要性を知りました。

フォローする