Google XML Sitemapsで簡単にサイトマップが作成できました

せっかく公開したウェブサイトなので検索結果の上位に表示されたいですよね。 そのためにあれこれしてみる一環で、今回はGoogleにサイトマップを認識してもらうことにしました。

このサイトマップというものはウェブサイトの構造が書かれたもので、サーチエンジンに認識してもらいやすいようにするためのものです。 WordPressを利用していれば作るのは簡単で、「Google XML Sitemaps」というプラグインを導入し、いくつかの作業をするだけです。

プラグインの導入も簡単です。 まずはWordPressにログインし、ダッシュボードのメニューからプラグインを選び新規追加を選びます。 プラグインを検索する画面になるので「Google XML Sitemaps」と打ち込んで検索しましょう。 すると検索結果が大量に出てきますが、おそらく一番上に表示されているものが目当てのものです。 名前が一致していることを確認してください。 それでも不安ならダウンロード数を見てみましょう。 すごいダウンロード数ということはみんな使っている証拠です。 安心してインストールしましょう。 WordPressのプラグインのインストールは実に簡単ですね。

インストールが完了したらダッシュボードの設定に「XML Sitemap」という項目が追加されます。 この項目を選択するとGoogle XML Sitemapsの設定画面になります。 設定できる項目はいろいろありますが、上のほうに表示されている「こちらをクリック」を選んで問題ないでしょう。 すぐにサイトマップが作成されます。

ここまで出来たら次はGoogleウェブマスターツールに登録しましょう。 対象とするサイトを選択しサイトマップを選択します。 そしてサイトマップの追加/テストを選び、「sitemap.xml」と入力し、送信します。 無事に送信できたらページを更新するを選びましょう。 これで終了です。

こうやって書いてみると長くなりましたが実際に操作してみると意外に短時間でできてしまいます。 プラグインを活用できることがWordPressの良さだと感じました。 後は検索結果に反映されるのを待つだけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)