コーヒーゼリーは低カロリーです

コーヒーゼリーは作り方によって相当低カロリーになります。
市販のものは甘く作られているものが多いので、自分で作る場合よりも多少カロリーが高くなってしまいます。
自分で低カロリーにすることを意識して作ればダイエットに利用できるかもしれません。

コーヒーゼリーが低カロリーである理由

大部分が水で出来ている

コーヒーゼリーが低カロリーである理由は、その大部分が水で出来ていることが挙げられます。
水ならどれだけ摂取してもカロリー0です。

コーヒーもカロリーが低い

コーヒーも砂糖を入れなければカロリーも無いに等しいです。
100mlあたり4kcal程度でしょうか。
ゼリーを250g作る場合でも10kcal程度しかありません。

ゼラチンは使用量が少ないのでカロリーも少ない

ゼリーを作るために欠かせないゼラチンですが、100gあたりのカロリーは高いとはいえ、実際に使うのは5g程度でしょうか。
ゼリー250gを作るためにゼラチン5g程度なので20kcal弱しかありません。

低カロリーにするために気をつけたいこと

ゼリー自体に砂糖を入れない

砂糖を大匙1杯ほど入れても甘さは感じにくいです。
甘さを感じられるくらい大量に入れるとカロリーも高くなってしまいます。
後でかけるものを甘くすれば、ゼリー自体は甘くする必要はありません。

シロップやコーヒーフレッシュを控えめにする

コーヒーゼリー自体に甘さがないので、甘いものをかけることで美味しく食べることができます。
しかし甘くすればするほどカロリーも高くなってしまいます。
シロップやコーヒーフレッシュはできるだけ控えめにしましょう。

実際にどれくらいのカロリーになるのか

コーヒーゼリー自体のカロリーは250gで30kcal程度でしょうか。
ガムシロップは大匙1杯で35kcal程度でしょうか。
コーヒーフレッシュはよくある5mlのもので13kcal程度です。

ガムシロップを控えめにかければ全体で50kcal程度でしょう。
コーヒーフレッシュをかけたほうが微妙にカロリーが低くなりますが、どちらがいいかは好み次第です。

市販のものは高カロリーなのか

市販されているものでもシンプルなものであれば、そこまでカロリーは高くありません。
注意したいものは生クリームがトッピングされているものです。
見た目でもカロリーが高そうだと分かります。

市販品は内容量が自分で作る場合よりも少ないので、同じだけ食べると市販品のほうがカロリーが高くなってしまいます。
たくさん食べられてカロリーが低いのは自分で作ったものならではです。

ただし市販品でも低カロリーなものは存在しています。
自分で作るのは手間がかかりますし、良さそうな商品があったら活用してみてもいいでしょう。


【送料無料】たらみの「選べるゼリー・0kcalセット【ゼロカロリーゼリーから6箱チョイス】」1箱6個入り×6箱=36個(お好きなゼリーを自由に選べる)

まとめ

自分で作ったコーヒーゼリーは市販品よりも低カロリーになります。
甘さ控えめを心がけましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)