YouTubeでUFOキャッチャーの動画を見ました

何故かYouTubeでUFOキャッチャーの動画を見ました。 うまい棒を取る動画やお菓子を取る動画を見て何が楽しいのかというツッコミはご容赦ください。 しかし再生数が数万もあるなら、ある程度需要があるということでしょう。 見るだけでも取れるかどうかというドキドキ感は味わえます。 実際にお金を使うわけでもないので無料でドキドキ感が味わえるのです。 実際にプレイすることなく疑似体験で満足できるので需要があるのでしょうか。 ノーリスクドキドキリターンですね。

いくら動画で疑似体験できるとはいえ実際の臨場感には勝てません。 手軽に動画を見られるようになったからこそ臨場感というものが大切なのでしょう。 音楽を聴くにしても録音されたものを聴くより生演奏を聴くほうが得られる満足度が高いです。 将来その場でしか味わえないことに価値がより一層見出されるようになっていくのかもしれません。

しかし量産できないものは価格が高くなってしまいます。 音楽のダウンロード販売ならコストもかからないので安価で得られますが、ライブ演奏だと集まった客数と関連商品の売り上げで利益を出さないといけません。 チケット代もそれなりにします。 価値ある経験はそれなりの費用を伴ってしまいます。

それはさておき、YouTubeで数万再生されるような動画を投稿してみたいです。 それだけ結果の出る動画を投稿するということは過程から結果まで含めて価値ある経験です。 どうやれば再生数が伴う動画になるのか、試行錯誤することで価値ある経験になるでしょう。 何気ない動画でも、その裏側にはドラマがあるのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)