コーヒーゼリーを作ってみました

そろそろゼリーの美味しい季節になってきました。
いえ、いつでも美味しいですけどね。

市販のゼリーも美味しいですが、簡単なので自分で作ってみるのもいいでしょう。
自分で作れば大量に食べることもできますし、よく分からない添加物も使わずに作れます。
ということでコーヒーゼリーを自分で作ってみました。

コーヒーゼリーの作り方

詳細な分量はゼラチンのパッケージに書かれていると思うので、ここでは全体の流れが分かる程度の内容にとどめておきます。

  1. コーヒーを濃い目に作る。
  2. 鍋にお湯を沸騰しない程度に沸かし、火を止めゼラチンを溶かす。
  3. 鍋に砂糖を入れ、よく混ぜる。
  4. 鍋にコーヒーを入れる。
  5. 荒熱が取れたら容器に移し、冷蔵庫で2時間くらい冷やす。

難しくはないと思います。

コーヒーゼリーを作ってみて驚いたこと

コーヒーゼリーを作って驚いたのは砂糖の消費量です。
甘さ控えめにしたら相当物足りず、次に作ったときは甘さを控えるようなことはしなかったのに物足りない甘さでした。
そして3回目、ついに砂糖を大量に加え、ようやく満足できる甘さになりました。
美味しさと引き換えにカロリーが恐ろしいです。

今回使ってみたゼラチンは森永のものでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)