何かを紹介するような記事を書くのは苦手

以前も書きましたが私は何かを紹介するような記事を書くのは苦手です。
こう毎日文章を書くようになってから改善されるかとも思いましたが効果がありませんでした。
いい機会なので何故苦手なのか考えてみました。

苦手の理由

紹介というものは漠然としているから

紹介というものは知らない人に情報提供することです。
知らない人に分かりやすいようにするには最初から丁寧に説明しないといけません。
するとどこからどこまでどのように説明すればいいのか悩んでしまいます。
もっと狭い分野をテーマにするのならいいのですが、紹介するための文章は私にとって広すぎる分野なのです。

プラスの印象を持ってもらわなければいけないから

紹介するということはあまり変なことは書けません。
スポンサーの顔色を窺うとでもいいましょうか。
書きたいことを書きたいように書けない状況では無理が生じます。
必ずしもネガティブなことを書きたいという訳ではなく、型にはまる必要があるので窮屈なのです。

価値のある文章だと思えていないから

無難な文章を書いてもあまり価値があるようには思えません。
無難ということは他の誰かも書いていそうな文章ということです。
もっと違った鋭い視点から文章を書くといったことができないと書いていて面白みは少ないです。
そのような文章では結果も出ないと思うのです。

原因を踏まえて今後どうすべきか

いくつか原因を考えてみました。
こうしてみると原因を見ているだけでつまらなさを感じられます。
やはり読んでいて面白い記事にしたいですよね。
それに結果を出すなら他人と違うことをすべきです。

もっと私らしく、私にしか書けないような紹介文を書けばいいのです。
そのようなものが書けるのでしょうか。
まずは違った視点で見られるかどうかということから試してみたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)