摂取カロリー制限生活の終わり

自主的に摂取カロリーを制限した生活を始めて一ヵ月半。
ついに制限をオーバーしてしまいました。
よくここまでがんばれたと言うべきかもしれません。
制限をオーバーしてしまったからには摂取カロリー制限生活はここで一応の区切りとします。

この一ヵ月半でどれくらい体重が減ったのか、開始時点で体重を量っていないので推測になりますが、-2キロといったところでしょうか。
体重を減らすのは楽ではないということを存分に味わうことができました。

せっかくなので摂取カロリー制限生活の味方と敵についても書きましょうか。

まずは味方について。
カロリーを抑えるのに役立った食事はミネストローネでした。
油とベーコンの量に気をつけ、ジャガイモを控えめにすれば低カロリーです。
仮に山のような量を食べても案外カロリーは低いものです。
お腹いっぱいになってもカロリーは低いという、摂取カロリー制限生活に欠かせない存在でした。

逆に敵になったのはお土産や差し入れでした。
そのようなものは甘いものの場合が多く、どうしてもカロリーが高くなりがちです。
甘いもので摂取したカロリーを他で調節すると空腹に耐えられないという苦しい展開がセットになっています。
目の前に美味しそうなものを出されれば抗うことはできないのです。

こうして一応の終わりを迎えた摂取カロリー制限生活ですが、今後もカロリーには気をつけたいと思います。

私の戦いはまだ終わりません!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)