書きたいことを書かない

書きたいことを自由に書いたらどうなるのだろうか。

自分が満足することはできるかもしれないが、内容によっては一悶着起きることだってあるだろう。
そのような事態を避けるためには書きたくても書かないという選択をせざるを得ない。
結果、書きたいことを書けない不満と、何を伝えたいのか分からない微妙な文章が出来上がる。
そう、まるでこの文章みたいに!

さて、このブログは役立つようなことも役立たないことも含めた内容とはいえ、その中でもある程度の文字数で書くということだけは共通している点だ。
私としてはもう少し短い内容で書きたいこともあるのだけれど、今まで続けてきたことを変えることに抵抗がある。
ならばいっそ新しいブログを作って、そこで短文でも書きたいことを書いたら読んだ人も面白いのではないか、なんて考えたりしてみた。

そして考えは更に飛躍する。
仮にだ。
私が小説家でデビューすることになったらネタのストックが多いと安心できる。
日々短文で面白いことを書いて公開していたらストックできないではないか!
そのようなリスクを避け、安定した作家人生を歩むためには新ブログなんて作るべきではない。

……そもそも作家になる可能性がない。

書きたいことも書かず、役立つ記事も書かず、作家にもならず。
でも、いつか価値ある何かを世に出したい。必ず。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)