RPGツクールの値段を見て驚いたお話

手軽にRPGを作れる(そして手軽に挫折できる)といえばRPGツクールが有名です。実際にRPGツクール製で公開されているフリーゲームは多いですし、その数が手軽さを証明しているのではないでしょうか。

海外のゲームを見ているとRPGツクール製のものが市販されていたりします。完成品の有料での販売は国内よりも海外のほうが多いのではないかという印象を受けました。

これらのことからRPGツクールが気になったのでちょっと調べてみました。余談ですが海外ではRPG MAKERという名称です。

最新のRPGツクールは「RPGツクールVX Ace」です。2011年12月15日に発売されたので結構時間が経っていますね。そして脅威のお値段、税抜き12800円。実売価格はもう少し安くなっているとはいえ、ゲームが何本か買えてしまう値段です。流石にちょっと高いのではないかと思ってしまいました。

一方でRPGツクールシリーズの旧作は安く売られていたりします。例えば「RPGツクールXP VALUE!+」なら税抜き3800円です。実売価格はもう少し安くなるので、これなら十分に手を出しやすい価格ですね。ただ、元になった「RPGツクールXP」は2004年7月22日発売なので相当に昔のものです。機能にどれだけ違いがあるのか調べていませんが、これだけ価格差があると安いほうでいいと考える人も多そうです。

高いほうでも安いほうでも、どちらでもいいのですが、「RPGを作りたい」という夢を叶えるための費用としては安いものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)