Yet Another Related Posts Pluginで関連した記事を表示させる

ブログを見ていると記事の最後に関連した記事へのリンクが張られているものをよく見かけます。
WordPressでも同様の機能を実現させるプラグインがあり、その中でも設定画面が日本語に対応している「Yet Another Related Posts Plugin」が分かりやすくてオススメです。

導入方法は他のプラグインと同じようにダッシュボードのプラグインから新規追加を選び、検索欄に「Yet Another Related Posts Plugin」と打ち込んで検索すれば目当てのプラグインが表示されます。

インストールしてプラグインを有効化させれば設定にYARPPという項目が加わります。
このYARPPの項目で各種設定をします。

設定は日本語に対応しているので難しくないでしょう。
どの記事を表示させるかは何を重視するか設定することで、後は自動で判断され表示されます。
記事にタグを設定してカテゴリー分けをしっかりしておけば適切な関連記事が表示されることでしょう。

関連した記事が表示されると見栄えがしますし、他のページへのアクセスも見込めます。
プラグインの導入も簡単ですし、設定も日本語に対応しているので難しくありません。
WordPressを利用しているなら「Yet Another Related Posts Plugin」を是非とも導入し活用すべきです。

なお、このブログではまだ導入していません。
ある程度記事が充実しないと関連した記事がないという事態になりますので。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)