やはり結果ですよ、結果

結果を出すことが大切だと感じたので、このような文章を書いてみました。

結果が出ると面白くなってくる

結果が出ないと諦めたくなってしまいます。
逆に多少でも結果が出るとがんばりたくなりますし、面白くなってきます。
多少でも構わないのでプラス方向の変化があるとモチベーションを高く保てます。

先日立ち上げた別サイトがこのブログよりも好調な出だしのような兆しのように思えなくもないようなものがあったので面白くなってきました。
そうなってくるとがんばって更新してコンテンツを充実させようという気になってきます。

もしかしたら一喜一憂することになるかもしれませんけど。

結果が出ると信用される

結果を出せない人間と結果を出した人間では信用も大違いです。
信用されたければ結果を出せばいいのです。
少しの結果でも積み重ねることで信用を得ることができるのです。
これは人間のみならず物やサービスにも当てはまることです。

世の中には人気があるから人気があるという謎の法則があります。
特に日本人の気質がそのような法則性を強めているのかもしれません。

例えば売り上げランキング1位のものならランキング10位のものよりも優れていそうな気がしてしまいます。
多くの人が選んでいるという安心感とでもいいましょうか。
迷ったら多くの人が選んでいるものを選ぶ人も多いでしょう。
かくして結果が信用を増大させるのです。

結果が出ると発言力が強くなる

結果を出さない人間が何を言っても口だけだと判断されても仕方ないです。
素人のアドバイスとプロのアドバイスでは同じ事を言っても発言力が違います。
結果を出した人の発言力は結果を出さない人間とは比べ物にならないほど強いものがあります。

このブログみたいに毎日のアクセス数が一桁のブログを運営していてもサイト運営ノウハウには説得力がありません。
それでもまったく何もしていない人よりも運営したという結果がある分だけ発言力は強いですけど。
そのような次元ではなく、もっと高い次元の結果を出すことで発言力を得たいものです。

結果が出ると新しい世界が待っている

結果を出せれば面白いですし、信用も得られ、発言力も高まります。
そうなれば現状とは違う、まるで新しい世界ですね。
果たして私もそのような世界に到達できるのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)