Google Analytics for WordPressを利用してGoogleアナリティクスをWordPressで利用する方法

アクセス解析といったらGoogleアナリティクスです。

このGoogleアナリティクスをWordPressで利用するためにはheader.phpを書き換えるかプラグインを導入する必要があります。簡単な方法はプラグインを導入する方法で、代表的なプラグインは「Google Analytics for WordPress」でしょう。「Google Analytics for WordPress」の導入や使い方は日本語の情報も多いので、困ったときに情報を集めやすいというメリットもあります。

それでは「Google Analytics for WordPress」の導入方法です。

Googleアナリティクスの登録

「Google Analytics for WordPress」を導入する前に、まずは「Googleアナリティクス」の登録をしましょう。Googleのアカウントを取得していればGoogleアナリティクスもすぐに登録できます。

さて、Googleアナリティクスの登録ですが、記入する各項目の説明が乏しかったので調べながら記入しました。各項目の注意点、そして私がどう入力したかを書きたいと思います。

「アカウント名」は自由に付けられます。私の場合は「日々のメモ アクセス解析」にしました。

「ウェブサイト名」はその名の通りです。私の場合は「日々のメモ」にしました。

「ウェブサイトのURL」はスラッシュのような余計なものを省いて登録します。私の場合は「memo.everyday.jp」にしました。

「業種」は選択するだけなので難しくないでしょう。私の場合はどれもしっくりこないので「その他」にしました。

「レポートのタイムゾーン」は日本を選択します。

「データ共有設定」はデフォルトのまま全てにチェックされた状態で問題ないでしょう。

全て記入し「トラッキングIDの取得」ボタンを押すと利用規約が表示されるので、同意するをクリックすれば登録完了です。

Google Analytics for WordPressの導入と設定

「Google Analytics for WordPress」の導入はWordPressの管理画面からプラグインの新規追加を選びます。検索欄に「Google Analytics for WordPress」と入力し検索すれば一番最初に表示されると思います。
そうしたら「今すぐインストール」を押せばダウンロードとインストールが自動的に行われます。インストールが完了したら忘れずに有効化させましょう。

インストールに成功し有効化すると、「設定」の項目に「Google Analytics」が追加されているので、その項目で「Google Analytics for WordPress」の設定をします。

「Analytics Profile:」の項目は手動で設定しました。「Googleアナリティクス」のページから「トラッキング情報」を選択し、「トラッキングコード」を選べば「トラッキング ID」が表示されます。ここに表示されているものを「Analytics Profile:」に入力しましょう。

「Show advanced settings:」の項目にチェックを入れると、より詳細な設定をすることができます。

「Ignore users:」で「Administrator」を選択すれば自分のアクセスを「Google Analytics」の解析から除外することができます。

他にも設定できる項目がありますが、詳細を調べるのも面倒なのでこれでよしとします。

必要な設定ができたら「Update Google Analytics Settings」をクリックして設定を反映させましょう。これで一通りの設定が完了しました。

Googleアナリティクスが有効になるまで多少時間がかかるかもしれません。アクセスが反映されていないと慌てずに、数時間は待つつもりでいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)