日記というオリジナルコンテンツ

世の中には多くの情報が氾濫していますが、個人の主観で書かれた日記というものはオリジナルコンテンツです。 どこかのサイトからコピペしたものではなく、誰かから聞いた話をそのまま書くものでもなく、出来事に対し自分が何を感じたかというのは自分だけしか知ることのない情報です。 他には無い情報だからこそ価値があるのではないでしょうか。 (あまり価値の無いような内容もありますけど主観で書いてあればオリジナルです。)

何かを調べて書くのと違い気軽に書けるのも日記の魅力です。 調べることは結構大変ですし、調べたことをまとめても完全なオリジナルコンテンツとは言えませんし。 今日食べたラーメンが美味しかったでもいいですし、テレビで見た番組の感想でもいいですし、素敵な音楽を見つけたでもいいですし。 「某社の美味しい牛乳の澄んだ味わいが美味しかったです!」 このように感想を書くだけでいいのです。 感想を書くというのは簡単でいいですね。 オリジナルであることを重視するなら日記というものが最適なのかもしれませんね。

毎日日記を書いているとネタが無いときもあります。 時間が取れなくて1行しか書けない日もあるかもしれません。 日記というものは気軽に書ける一方で毎日それなりの内容を書くというのは大変です。 オリジナルコンテンツを発信し続けるというのは大変ですね。

(なんとか500字以上書いてみました。)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)